【バディーズ評価】ヤーコン&ガマガル★3(地面タイプ)

Sponsored Links
バディーズ

ポケマスはガチャゲーのため、どのバディーズを入手できるのかは人それぞれ異なってしまいます。特に★5なんていえば当たる人と当たらない人で大きくわかれてしまいます。

そんなガチャゲーですが無料ダイヤなどがあるため、無課金でも「そこそこガチャがひける」ので、★4や★5のあたり具合は人によってかなり変わってきますが、ガチャを全くひかないとか自身に制限でもかけない限り、★3はおそらく大半の方が一通り揃いやすい事でしょう

今回はリリース当時から登場しているガチャ産★3バディーズを見ていきます。

 

・ヤーコン&ガマガル(★3)

【最終進化後】

進化系が実装されました【2020/2/25】

【能力値】※ガマゲロゲ進化後

Lv120※ のびしろフル使用時
HP 525 605
こうげき 246 286
ぼうぎょ 168 208
とくこう 186 226
とくぼう 185 225
すばやさ 282 322

※★3のびしろ20個使用時(★4状態)

 

・のびしろフル使用時

 

 

【ロール・弱点】

ロール テクニカル
弱点

 

【わざ】

(初期技)マッドショット
タイプ 地面(特殊)
消費ゲージ 2
威力(技Lv1) 39
威力(技Lv5) 46
命中 95
対象 相手1体
備考 相手の素早さをさげる
(初期技)スペシャルガード
トレーナー技 使用回数2
対象 自分
効果 自分の特防をぐーんとあげる
(左下)じならし
タイプ 地面(物理)
消費ゲージ 3
威力(技Lv1) 80
威力(技Lv5) 96
命中 100
対象 相手全員
備考 相手の素早さをさげる
(右下)へこたれねえよ
トレーナー技 使用回数2
対象 自分
効果 自分の素早さをぐーんとあげる
自分をこらえる状態にする
(バディーズ技)ガマガル:バディーズグラウンドインパクト
(バディーズ技)ガマゲロゲ:ちょっとクセのあるじならし
タイプ 地面(物理)
威力(技Lv1) 200
威力(技Lv5) 240
対象 相手1体
備考 ガマガル:追加効果なし
ガマゲロゲ:相手の素早さがさがっているほど威力があがる

※ガマゲロゲに進化すると「技名」「追加効果」のみ変化して、「威力」などは変化無しです。

 

【パッシブスキル】

どく無効
効果:どく状態やもうどく状態にならない

基本情報は以上となります。


〇考察

ポケモン第5世代と言われる「ブラック・ホワイト」でジムリーダーとして登場したのがヤーコンです。ヤーコンといえば「ドリュウズ」の方が相棒感が強いのですが、今回はガマガルを引き連れてのポケマスに参戦です。初めて戦う時には2番手として手持ちにいるのがガマガルです。

ガマガルはオタマロからの進化系であり、ガマゲロゲという最終進化を残しているポケモンでもあります。今後のポケマスでは進化の可能性もあり?という事になります。

無事にガマゲロゲに進化が可能となりました!

 

能力値についてですが、★3テクニカルらしい耐久性の低さと少しだけ高い素早さを持っています。

HPは頼りなく、ぼうぎょは心配な値です。とくぼうはまだマシな方ではありますが、耐久面は心配になる低さです。

2ゲージ使用の特殊技、3ゲージ使用の物理技を持っていますが、こちらもそれなりの低さですがこうげきの方が高めになっています。ちなみにバディーズ技も物理技なのでバフをかける際にはご注意を。

 

次に使用する技についてですが、攻撃技が2つあり共通して「確定で相手の素早さをさげる」というテクニカルらしい追加効果を持っています。1つ目が特殊技の「マッドショット」こちらは対象が1体で2ゲージ技になります。2つ目が物理技の「じならし」こちらは相手全員を攻撃対象として3ゲージ技になります。

ここだけでも相手の素早さをガンガン下げにかかれるので、なんとなく頼もしく感じなくはないです。相手の技の使用頻度が減れば…いい妨害にはなりそうですがどこまで効果を期待できるやら…。

そして使用する道具が「スペシャルガード」で自身の特防をあげます。ぼうぎょよりは少しだけ高いとくぼうを持っているのでバフをかければ少しは耐久性が…あがるはずです。

・技「へこたれねえよ」について

自分の素早さをあげつつ、こらえる状態になります。能力値上昇は素早さがあがるのみなので、イマイチ使いにくいところはありますが「こらえる」状態を付与できるのは中々頼もしいです。元々の耐久性が低い事を考えると、高難易度の敵が相手になると1撃で倒れてしまう事もあるでしょう…そんな時に「こらえる」状態であれば一度で倒れる所を踏みとどまれるので何かアクションをするなり、時間を稼ぐぐらいの事はできます。

ただ、いかんせん火力があるわけでもないので相手に致命傷を与える事もできないででしょうから、「相手の素早さを下げるもしくは時間を稼ぐ」というかなり限定的な動きしかとれないのが悲しいところです。

ちなみに最初のこらえるが発動してHPが「1」になった後、再び「へこたれねえよ」を使えばもう一度耐えられます(検証済)バディーズ技をうけると「こらえる状態」でも関係なくHPが無くなれば倒れます。

 

パッシブスキルについてですが「どく無効」ということであれば割と有用なので、場面によっては良いかと思います。

バディーズ技は「追加効果なし」です。進化すると「相手の素早さが下がっているほど威力アップ」なので、攻撃技と相性も良さそうです。

弱点についてですが「草」です。ガマガルはみずタイプのイメージが強めですが、地面タイプも持っているため草タイプの技には最高に弱いので、草が弱点に設定されるのは妥当すぎます。


〇自力でできる最大バフ

能力値 上昇バフ 対象
特防 +4 自分のみ
素早さ +4 自分のみ

うーん…なんとも。


〇チーム構成について

テクニカルタイプです。

相手の素早さをひたすら下げるのみです。あとは場合に応じて「こらえる」

色々な条件が必要とされる場面ではもしかしたら非常に有用になれる可能性がありますが、普段は何もできずにお荷物になりやすそうです。

アタッカーなりサポートなりでしっかり固めて使ってあげてください。


〇ATK値について

※ATK値についてはこちらを参考にしてください

パラメータ こうげき(Lv120):246
技の威力 じならし(物理):96
技レベル5、★3のびしろ20個使用(★4状態)
装備・バディストーンボード・ポテンシャル無し
ATK値
通常時 361.4

全体技の「じならし」は敵を1体にしてからの測定結果となります。敵が3体のときには威力は半減します。

こんなもんですよね。テクニカルなのでATK値を期待してはダメなのでしょうが。

Sponsored Links


〇★4・★5のびしろは使うべき?

使うのはおススメできません。耐久も少しは増えますがそれでも低いレベルのままです。素早さをさげることと「こらえる」に有効な活用法でも見出していれば別ですが、普段からお世話になる事は無いと思います。

もちろん、素材が有り余っているとか、ヤーコンやガマガルが大好きな場合は止めませんが…。


〇バディストーンボードについて

まだ解放されていません。

パワー消費0のパネル
位置 中央★マークの周り6パネル
消費バディドロップ 5×6パネル=30個
取得能力 すばやさ+5
HP+10
とくこう+5
こうげき+5
ぼうぎょ+5
とくぼう+5

全バディーズ共通となりそうですが消費パワーが0のため、バディドロップさえ消費すれば取得が可能です。上記の能力値アップができるので、上記パネルは可能な限り優先的に解放しておきましょう。

 

どう強化されても中途半端になりそうな気しか…

「じならし」に確定こうげきダウンとかとくこうダウンが付けばかなり良いですが、それも可能性としてはかなり低そう…

中途半端に火力とかを強化されても微妙すぎる存在なので、何か超激アツな追加効果がくれば!?


〇入手方法・技レベルの上げ方

バディーズサーチで入手可能です。

2020年3月現在の★3の排出率は73%、リリース後から対象★3は追加されていないので、ピンポイントで狙う場合は3.65%で入手可能です。

無料でもらえるダイヤを使っているだけでも「おそらくほとんどの人が入手できてる」と思われます。

 

技レベルはガチャで被らせることで上げられます。

2020年3月現在の的中率はピンポイントで3.65%(入手率と同一)です。


〇評価

「こらえる」が場合によってはいい仕事をする場面があるかもしれないので、まったくの無能という訳ではないですが通常時の評価は「C」です。

進化の可能性や「こらえる」が重要視される時には評価があがるかもしれません。

ただ、現状での使い道はほぼ無いです。

 

ボード解放して・・・どうなるでしょうか。


〇管理人入手状況

無駄に★5です。実験体として使いました。

★5のびしろは使いません。

 

初入手のタイミング

【ガチャ記録003】トウヤピックアップ

 

 

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました