【バディーズ評価】ギーマ&レパルダス★5(あくタイプ)※ボード評価更新

Sponsored Links
バディーズ

こんにちは。

 

リリース後に追加されたガチャ産★5では8組目の追加バディーズとなります「ギーマ&レパルダス」です。

早くも!イッシュ地方の四天王が全員揃いました。

 

・ギーマ&レパルダス(★5)

 

【能力値】

Lv120 のびしろフル使用時
HP 472 572
こうげき 222 262
ぼうぎょ 182 222
とくこう 132 172
とくぼう 182 222
すばやさ 408 448

 

・のびしろフル使用時

 

【ロール・弱点】

ロール テクニカル
弱点

 

【わざ】

(初期技)つじぎり
タイプ あく(物理)
消費ゲージ 2
威力(技Lv1) 40
威力(技Lv5) 48
命中 100
対象 相手1体
備考 急所に当たりやすい
(初期技)よこどり
ポケモン技 使用回数2
消費ゲージ 2
対象 相手1体
効果 相手のあがっている能力をもとに戻し同じだけ自分の能力をあげる
(左下)勝負こそが全て!
トレーナー技 使用回数2
対象 自分
効果 自分の急所率をぐーんとあげる
自分の回避率をぐぐーんとあげる
自分の防御をがくーんとさげる
(右下)あくのはどう
タイプ あく(特殊)
消費ゲージ 3
威力(技Lv1) 95
威力(技Lv5) 114
命中 100
対象 相手1体
備考 まれに相手をひるみ状態にする
(バディーズ技)与えられたカードでのつじぎり
タイプ あく(物理)
威力(技Lv1) 200
威力(技Lv5) 240
対象 相手1体
備考 相手のすべての能力があがっていなければ威力があがる

 

 

【パッシブスキル】

まひ無効
効果:まひ状態にならない

基本情報は以上となります。


〇考察

「ブラック・ホワイト」といわれる第5世代で登場したチョロネコの進化系であるレパルダス。そちらが同じイッシュ地方の四天王でもあるギーマとともに登場しました。

これでイッシュ地方の四天王が勢ぞろいしたことになります。

 

能力値に関してですが、HPは少し低めなです

それに対してのぼうぎょととくぼうは少し高めにあるので耐久性能はトントンといったぐらいです。少し硬いのですがHPが低めなので…という感じです。

物理技と特殊技を両方持っていますが、こうげきが高めでとくこうは低めになっています。ちなみにバディーズ技は物理技となります。

素早さはかなり高いです。

 

技に関してですが両刀使い?とも言いにくいですが、まず物理技の「つじぎり」です。レパルダスはこうげきの方が高いにも関わらず「つじぎり」は2ゲージ技の低威力技です。ただ急所に当たりやすいので実質ダメージはもう少し期待できます…が、「勝負こそが全て!」で急所率を確定まで持っていけるので「つじぎり」の「急所に当たりやすい」も意味が無くなる場面もある状況です。

そんな「勝負こそが全て!」ですが急所率と回避率をあげられるので戦闘能力をかなり高めることができます。ただ、代償としてぼうぎょをかなりさげるので一長一短という所でしょうか。相手が特殊技しか使わない敵なら気にしなくてもいい代償とも言えますが。

そして攻撃技のもうひとつが特殊技の「あくのはどう」です。こちらは3ゲージの高威力技になります。

・技「よこどり」について

かなり強力です。相手のバフを全て初期化し、その分を自身にかけるというものです。自身をあげることより、相手のバフを初期化できるのが非常に強力です。使うタイミングさえ適切に使えば戦況を一気に有利にすらできてしまいますから。

ハチク&フリージオの「くろいきり」との違いですが、あちらは「敵全体・下げっぱなし」なのに対して、レパルダスは「敵単体・下げた分だけ自分にバフをつける」となります。

 

バディーズ技ですが威力上昇の条件が「相手のすべての能力があがってない状態」ということで、「よこどり」とセットで使わないと条件を揃えるのが難しいものとなっていますが、バディーズ技を使う前に「よこどり」を使用すればほぼ確実に威力上昇を狙えます。

パッシブスキルについですが「まひ無効」とシンプルなものになっています。場面は選びますが、あれば便利なパッシブスキルです。

弱点は「虫」となります。


〇自力でできる最大バフ

能力値 上昇バフ 対象
急所率 +3(急所確定) 自分のみ
回避率 +6 自分のみ

他は相手のバフ次第です。


〇チーム構成について

テクニカルタイプです。

例によってダメージを狙えるタイプではありませんが、相手のバフを初期化できるというのは非常に頼もしいです。加えて自身の回避率アップがあるので、壁とはいうより囮にはなれるでしょう。

あとは「ひるみ状態」を狙えるぐらいですね。

メインの攻撃役が必要になります。


〇ATK値について

※ATK値についてはこちらを参考にしてください

パラメータ とくこう(Lv100):116
技の威力 あくのはどう(特殊):95
技レベル1、のびしろ・装備・バディストーンボード・ポテンシャルなし
ATK値
通常時 167.2
勝負こそが全て!2回使用(急所確定) 251.0

※レベル上限が100だった頃に測定したものになります。しかも現在は技レベルがあがってしまったため、技レベル5になった頃に再測定予定です

急所確定にできることを考えると物理技の「つじぎり」より「あくのはどう」の方がダメージを狙えるのでATK値は「あくのはどう」で測定しています。

 

威力に関しては期待できたものではないですね。

Sponsored Links


〇★5のびしろは使うべき?

使う必要は無いでしょう。一部の場面では超特攻の如く活躍を見せてくれますが、それ以外の場面ではそこまで…です。その一時的なためにのびしろを使うのは構いませんが、有り余ってるとかでない限りは他のバディーズに使う方が将来性があると思います。


〇バディストーンボードについて

2020年3月6日解放済です。

パワー消費0のパネル
位置 中央★マークの周り6パネル
消費バディドロップ 5×6パネル=30個
取得能力 すばやさ+5
HP+10
こうげき+5
とくこう+5
ぼうぎょ+5
とくぼう+5

全バディーズ共通となりそうですが消費パワーが0のため、バディドロップさえ消費すれば取得が可能です。上記の能力値アップができるので、上記パネルは可能な限り優先的に解放しておきましょう。

 

パネルが全体的に微妙です。

用途を限定的にするなら良いかもしれませんが汎用性という面では全てのパネルが微妙すぎます…

と言うのもギーマ自体が「アタッカー」でも「サポート」でもないので攻撃面なり耐久面を伸ばそうにも元の値が大したことないため、そこを伸ばしても…というのがほとんどです。

 

しいて言えば「ピンチ時回避率アップ6」とかはまだ良さそうに聞こえますが自身のバフでも回避率は最大まで持っていけるのでやっぱり微妙ですね。

上記と組み合わせても良いかもしれませんが「相手失敗時HP回復2」ぐらいがまだ良い方かもしれません。回避率を最大まであげていれば…そこそこ?

 

ギャンブラーの特色を反映しているのか「技回数」「ゲージ」の確率判定での回復ものが多い気がします…発動すれば大きいですが何ともいえない所です。

新しいところとして「相手に技後攻撃特攻↑2」「能力ダウン時特攻↑5」とかありますが、メインアタッカーになる場面ならまだしも、元の攻撃や特攻が大したことないのでボードスキルで確率判定付きであげても・・・それならサポートタイプからバフをもらった方が早い気もします。

 

一応ですが、

技レベル3まであげると「つじぎり」は最大20、「あくのはどう」は最大16の威力アップが可能です。


〇入手方法・技レベルの上げ方

バディーズサーチより入手可能です。

今のところ限定入手という予定でもなさそうなので、回す時期によって確率は変わりそうですがいつでも入手は可能なようです。

 

技レベルはガチャで被らせることで上げられます。


〇評価

ガチャ産★5では初のテクニカルタイプとして登場しましたが、それ相応の仕上がりにはなっています。妨害度合を考えると「相手バフの初期化」というのが強力で頼もしいです。それだけで良い仕事はできそうなので、通常時の評価は「A」とします。

「相手にめちゃめちゃな量や種類のバフがかかって、あくタイプが弱点」という場面では猛烈な特攻を発揮できるでしょう。他の場面でもバフがモリモリな相手だと相性が良いです。

 

バディストーンボードの評価はちょっとガッカリ感が…評価は「C」です。

相手のバフをはぎ取るのが主な役割なのでそれ以外に期待は…しちゃいけないですね。


〇管理人入手状況

入手まで時間がかかりましたが、無事にGETできました。

【ガチャ記録014】ポケマスフェス ワタル編

 

 

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました